• 夜未明の問い合わせを聞いて、黄首尊は不満を示していないばかり,か、称賛して。うなずいて、「青城派は百年存在し、派の中では弟子一人一人が大レイプの大悪の世代ではない朝廷善罰がはっきりしていて、絶対に無実の合意に関与しない。しかし、余滄海とその党羽は朝廷の法度が何もないと見て、それを一掃して、特に効果を起こさなければならない!」と言いました
  • (また、ゼロ点から、スタートしたようなこの章では、一時的な調整を。して、発行できると言っているが、他の人,には見えない。この状況はこれから続くかもしれない。

夜は明暗ではなく、手に力を入れて、林平之を順調に脱出させず、顔色の凝った口に付いて「左冷禅に出会っ。たら誰が余滄海の最後の刀を刺すために彼と衝突してはいけないことを覚え,ています。」と言いました
刀妹は無言で正しい。そして、この気まずい問題についてもつれ続けることを決め、「兄弟、私はあなたの急に冷たくなった,病気を治療する方。法を見つけた」と大声で叫んだ。

しばらくの間、二人はこの山か,ら駆け下りて、雲にそびえ。る山の頂上に登った。
この,文書の内容は、彼が思っているもの。とは全く違うからですね


最初に反応した趙敏さ。んは、地面に腰を下ろして、ワーワー泣いて、泣きながら、彼女のピンクの,指を伸ばして夜の未明、「この悪党!卑劣だ恥知らず下品です信じられない!」と言いました
システムインタフェースの2,つの補助技能の熟練度の鼓動を見て、夜の未明に突。然精神的にショックを受けて、どうせ自分の毒は出血しない、2つは時間とともに悪化することはないじゃ、続けて聞いてください。

しかし、この剣の剣体の上に淡い金色の宝光が流れているのを見て、剣体全,体がこの淡い金色の。光の中に包まれて、とても輝いているように見える。
同時に、。チームチャンネルで流雲がもっと強くなる,ことを忘れない。

    龍吟の声は絶えず耳に入っ。ていて、夜未,明にはこのように両手でこの龍形の掌力を操って、雲の中鶴の正面に向かって転圧した。
    しかし、孤独な敗北で表現された等級では、必ずしも音波攻撃の手段を知らないわけではなく、人がそっと剣に弾くだけで、殷,を震わせて吐血す。ることができる。

    結局、東流の年齢はもう若く,ない、人はいつも筋骨を。使わないで、爆発すると同時に品質も保証しなければならないのではないか
    これまで外で表現されていなかったのは、お。そ,らく最大の原因は、彼が蛇を殴って、何人かを怖がらせたくなかったことだ。